ブログの更新

2010年02月14日

このチャンスにブログがオープンできて、皆さんと会えるのは

嬉しいです。



これからも是非観て下さい!

今日(2月14日)は、中国の旧正月です。



2月と言えば、一年中で一番寒い〜季節です。

風邪には注意して、寒に負けないでください。

元気でガンバってくださいね!



私は毎年、旧正月になると、何だか、バタバタ忙しいです。

私の鑑定所にいらしたお客様には、

毎年必ず新年の挨拶状を出しています。

それには今年はナニナニニ注意して下さいごと、書いて送るのです。

ですから、この時期には鑑定の依頼が多いです。

これからも チョコチョコ書き込んで行きますので

どうぞ、宜しくお願いします!



運命(うんめい)・宿命(しゅくめい)とは、元々、定められた巡り合わせのこと。同じ方法を選べば、結果も同じとなる。

つまり『原因が同じなら結果も同じ』と言うことです。

これは、『過去の姿(原因)が決まっているならば、未来の姿(結果)も決まっている。』と言いえます。私の「運命論」ですが、運命って

どう思いますか。
posted by 劉几華 at 10:51 | 日記

ご挨拶

2010年02月01日

はじめまして、劉几華です。
ブログのスタートでもあり、年の初めでもありますので、
先ずはご挨拶から。

2月14日から旧暦のお正月が始まります。
お正月といえば“お節料理”ですね。私の郷里台湾でもお正月には家庭料理で“一家団欒”を過ごします。どの家庭でもまず話題となるのが今年の運勢です。
車の買い替えは2月がいいとか、家族旅行は7月がいいが西方面の旅行は避けようとか、占いの話題が絶えません。
また色にもこだわります。今年は緑色の洋服が幸運を呼ぶとか、赤いアクセサリーを身につけるといいとかですね。色にも目に見えない色があります。たとえば「バラ色の人生」とか、ちょっと怖いですが「暗黒の世界」とかですね。人の目に見える色と、人の目に見えない色。
これは相反する作用、「吉」と「凶」。「幸福」と「不幸」。これらを暖かい色と冷たい色と表現できますが、実際には人の目に見えない色です。でも風水では人の目に見えない色の「凶」とか「不幸」などを、人の目に見える色で抑制することができるのです。
現代社会では多くの色が使われてとても色彩豊です。ついクリスマスまではさまざまな色のネオンが街中に輝いていました。たぶん100年前、300年前の世界は、今より色彩に乏しかったでしょう。でも自然界だけは色彩が豊かでした。色鮮やかな羽を持つ野鳥や、原色の石、野に咲く花。
今の季節は花はまだですが、里に舞い降りた野鳥を多く見かけます。
道端にキレイな色の羽が落ちていたら拾ってみたらどうですか。
つまり運は待つのではなく、自分で拾うものなのです。
でも入り口を間違えるとどんどん方向がずれていきます。正しい方角を間違えのないようにお手伝いをいたします。
よい1年をお過ごしください。
posted by 劉几華 at 20:37 | Comment(0) | 日記
spacer.gif
spacer.gif